由良のタロット&星と石見話
FC2ブログ
room_20101015091718.jpg つくばみらい市にて、対面鑑定を行っております。
TX(つくばエクスプレス)みらい平駅 徒歩10分
詳しい地図はこちらをごらんください。
●料金● ・対面鑑定(40分¥5000、~)
●対応時間● 平日10:00~ 土、日、要予約
予約TEL080-1559-1078
またはメールにてyura_yulala@docomo.ne.jp
*電話鑑定080-1559-1078、メール鑑定もOKです* ちょっとしたことでリフレッシュになれば☆
お近くにお越しの際はぜひどうぞ♪


fxwill.com

父の葬儀

2017–07–12 (Wed) 08:22
昨年より、膵臓癌にまつわる症状が出て、
手術などをして、自宅療養をしていた父が亡くなりました。


最後は、大病院だと「このままモルヒネで」だったのですが
かなり元気でしたので
在宅医療、看護を頼み、余命2か月ほどは自宅で。

子どもも大きくて猫もいて活発な家庭でしたので
最後まで楽しく過ごせたようです。

以前の、母の葬儀のときも思いましたが
あくまでも、変化である、
という実感です。

在宅療養で期間があったのもありますが、
少しずつ、法的遺言状の作成、など
あれこれ準備もしていたのですが

”お別れ”、というのは
”その人とのお互いの役割を終える”
ということです。

恋人でも、親子でもそうでしょう。

生きて、言葉で、親として導くことをしていた父が
その役割を終了する、ということです。

同時に、娘として父のあれこれ面倒もみて一緒に暮らしていた私の
役割も終了、ということですね。

それでも、亡くなってからも
母やその他の知人友人もそうですが

いつでも、アドバイスを請うことは、できます。
ご先祖様もすべて、そうですね。
アドバイスをキャッチすることは、できます。

なので、とくに、
いなくなってしまう、感もなく・・。

あまり実感もなく、淡々とこなし、ケラケラと過ごしています(すみません(笑)

在宅療養に関しては、
もっとああすればよかったかな、もっといろいろできたかも、
と思うことはありますが

きっと、生きている人間には
「充分」って、出来ないんだろうな、と思います。

あとちょっと、もうちょっと、できたらな。
くらいが、ちょうどよいんだと、思います。

充分!と思えるくらいやったら、おせっかい、やり過ぎ、になってしまうもんだと思います。
あとちょっと、やり残したことは、
あちらでゆっくりやっていただけたら、と思います。

父はもう早々と母のほうへ行ってしまっているようで(笑)
昨年24歳で亡くなった猫のユキもいることですし
痛くて重たい身体を脱ぎ捨てたことだし、
楽しく過ごしていると思いますね。






スポンサーサイト



今年もよろしくお願いします。

2012–01–07 (Sat) 11:09
遅くなりました。あけましておめでとうございます。

気づけばブログの更新がものすごーく空いてしまってました

ご依頼はいつでもご連絡いただければ受け付けております。
本年もどうぞよろしくお願いします。


さて、茨城へ越してきてから、
初詣に、と
一言主神社へ、御参りに行きました。
(本殿などの写真は撮り忘れてしまいました。
途中、わきの抜け道を登って行くのですが、
あまりにも静かな景色だったので)
20120102152400.jpg


出店がすごく出ていて、
「北海道産小豆手作りあん100%」
の大判焼きがおいしかった!←それかい



翌日は、これも気になっていた、
牛久の大仏像へ。

とにかく大きくてびっくりです。
ギネスにも載っているそうですね。
20120103161550.jpg


賛否両論もあるようですが、
しかしきちんと入魂された仏様です。
御参りするとよいことがありますよ♪

庭園のデザインも、とても凝ったものでした。

仏像の脇に、キレイな池があり、
鴨が泳いでいて、ふと
「極楽浄土みたい・・」と思ったら、

最後に庭園案内図を見たら、本当に
「極楽浄土をイメージした池」
でした。

仏像の手前にはたくさんの花の苗が植えられていました。
これからの季節は行ってみるとよいかもですね♪



2011年は、波乱の年だったと思います。

私のところでは
あらゆる意味で「物質社会ではなくなる」という解釈のメッセージでした。

2012年も、いろいろ言われています。

これも本当に諸説がありますが、
やはり、物質重視であった時代の流れから
本質的なものや、物質の影で見えなかったものなど、
よく見ていく時期なのかも、しれません。

常に
「自分が幸せだ」と思えば幸せなんです。
「自分が楽しい」と感じられれば、楽しいことなんです。

今年も、Happyに過ごしていきましょう

アドヴェント

2010–12–15 (Wed) 08:47
12月って

日本でもかなりのテンションの上昇がありますよね(笑)


教会でも、「アドヴェント」
クリスマスイブまでの4週間、カウントダウンしながら、静かにワクワクしていってます。

東洋だったら、お正月または節分もそういう感じでしょうか。
神無月の出雲も同じかも・・


私自身は12月生まれなので別の意味でもテンションがあがりますが(笑)


このアドヴェント週間、教会に集まる人たちは、とくに金色がふわっとかかったように見えます。


だけど

キリスト教信徒にならなければ、イエスキリストに守ってもらえないのでしょうか?

家に神棚を置いて、神社へ毎年まめに通って、
都度お祓いを受け、
元旦に必ずお守りを買わなければ、ご利益は受けられないのでしょうか?

もうすっかり大人になってしまったから、天使や妖精に助けてもらえないのでしょうか?



私はどこの信徒でもないのですが

私たちの考えでは、どんな神様も、宗教も、アリです。

なんという名前で呼んで、どういう宗派を作るかは、人間の自由な解釈によってできたことと思います。

インドへ行けば、インドの神様、
バリへ行けば、バリの神様、

日本には八百万(やおよろず)の神様、

お寺へ行けば、仏様(も、たくさん名前がありますね)

天使、とも呼べるし、精霊、妖精、妖怪でもOK(笑)

守護霊、でもご先祖さまでも、親類ではない誰かでも、


どう呼ぶかは、まったくの自由のはず。



「私はそこの宗教に入ってないから」

「教会や神社へ行かないから」



ではなく


『あなたが呼ばないだけ』


です。


キリストでも、仏様でも

天使でも、一反木綿でも(笑)

後ろで守護してくれる誰かも、

なにも信じてなくても、呼べばいいだけ。


形にして、目で見たいと願ってきたのが、人間なんでしょうね。

見えてなくても、聞こえなくても、

呼べばいいだけ、です。

神様も、その他の存在も

「もっともっと願って欲しがって頼ってほしい」


それだけですよ^^

木々の緑や葉っぱ

2010–11–14 (Sun) 15:32
その年の夏が暑すぎると、秋の紅葉が、いつまでたっても色が変わらなかったり、
中途半端な色合いのまま、散ってしまったりと

ここ何年かはそういう現象が多いような気がします。

茨城の田舎へ(失礼!)戻ってきたというのもあってか、
朝晩の温度差も都市部と比べるとと~~っても激しいので

真夏に街路樹のイチョウが乾燥か?で黄色くなっているのを見たりして
今年はどうかな?と心配はしていましたが、

あちこちでキレイに色が変わっているのを見ることができます。
kouen.jpg
ふらっと携帯から撮ったのですが、
我ながら「いい絵じゃん!」と思ったので(笑)

(というよりは、公園というものを設計デザインする人の腕だと思うの(笑))


今の、ストレスフルな社会で、
ときどき

『緑、自然、木々のエネルギーを浴びなさい』

というメッセージが出る方がいます。

もちろんこれは、私お伝えする私自身にも
「あ、必要かな?」と思うタイミングでもありますが、

たとえば、音楽で出てくることもあります。

ヘンデルのアリア「オン ブラ マイ フ」
がメッセージで出てきて、

「いつまでも変わらない 自分を育ててくれた故郷の緑」

に、癒してもらいに行ったほうがいいんだな~、というメッセージだったり。

たとえそれがある意味人工的な公園の緑でも
少しだけ時間をとって、わざわざ寄り道してみたり、

少し目線をあげて葉っぱを見上げてみたり

ちょっとでも浴びてみると
また明日から元気にがんばれるはずですよ♪




”呪い”って 「1」

2010–11–04 (Thu) 08:32
文字にするとおどろおどろしいのですが、

呪い、について
これに関しては、どんな人でも日常考えなくてはいけないことが多いので

何度もネタになることはあると思いますがどうぞお許しを(笑)

呪い、は、もちろん専門の呪術師も存在しますが、
本来誰でも簡単にできてしまうものです。

良い感情よりも、悪い感情のほうがエネルギーや攻撃力は当然強いので
伝わるのも早いし強く飛んでいくものです。
誰かの視線、で、あたたかいものよりも、
いわゆる”殺気”のほうが、けっこう鋭く感じたりしませんか?

自分一人が思ってるだけじゃどうせ変わらないわよ、と思っていても

実際、不幸が起こったのは、自分が不幸を願っていた人ではなく、
思わぬ人に降りかかった!え?そっち??!
なんてことなど・・・・

(※決して脅しではありませんが、私どもは職業上、実際耳にすることがあります。本当。)




ただ、
「人をのろわば穴2つ」
(誰かを呪い殺そうと思うのなら、自分の墓穴も一緒に掘っておくべし、の意)

この通り、呪い(魔術も)というのは、
とってもハイリスク、ハイリターンです。

簡単に例えると

「死んだ妻の命を返して欲しければ、子供の命を差し出せ」

このくらい。

かのキリストも、呪いを部下たちに見せました。

キリストが道中空腹を感じたとき、
そこにあったイチジクの木には、実がなってませんでした(実がなる季節ではなかったため)

しかし、キリストは
「今実が食べられないというのなら、今後お前からは誰も実をとらないぞ!」
と、イチジクの木に浴びせました。

翌日、ふたたびその木のそばを通ると、イチジクの木は根元から枯れていました。
部下たちはキリストの顔を見ます。

キリストが見せたのは

「呪うというのはこういうことなのだ」

(キリストも善行ばかり見せていたわけではないのですよね)


これって、

「なによ!死んじゃえ!」
ではないですか?(笑)

「むかつく!死ね!」
こんな言葉も、このくらい効力を持っているのですよね。


そこへもって、真剣に、深夜、山へこもって釘を打ったり
高額なお金を払って呪術師へ頼みに行ったりすれば

ますます効力はシャープにパワーアップして届くものでしょう。

※呪術を承る人、というのは、存在します。
デスノート、みたいなものは、本当にありますよ。
※私由良はできませんやってません念のため

だから、悪いことをしたら、
相手が、警察や法律家など、公的機関へ駆け込んでくれるとは、限らないのですよ。

まっすぐそういうエネルギーに変換して、ダイレクトに攻撃が来ることだって、あるということです。

時代劇によく出てくる、「七代先まで祟ってやろうぞ」
なんてのも、本当にあります。

江戸時代から考えると、七代先っていうのは、ちょうど今頃のお家が多いのでは?
あまりにも怪しい、と思うフシがあったら、
一度系統図などから調べてみるのも、よいかもしれませんね。


動物だって、
「もう~拾って来なきゃよかった!」
だの言われてたら、悲しくて悲しくてどこかへ行ってしまったりします。

植物だって
「ジャマだから枯れちゃえ」
なんて言われてたら、本当に枯れてしまいます。


どんなものでも、その存在を否定するということは、呪いなのです。



なんだか恐い内容になってしまいましたが^^;

良くない言葉は、口から出さないのが一番ですよ~~





 | HOME |  次へ »

プロフィール

由良

Author:由良
こんにちは♪

ご縁があって、ヒーリング&占い師をしております。

ここは、タロット、石についてや、
エネルギーワーク、占い日々のこぼれ話です♪

携帯用ブログはこちら

●エネルギー・アチューンメント、
レイキ、カルナ・レイキヒーリング、

 タロット鑑定ご依頼受けつけてます●


*エネルギーアチューンメント メニューはこちら


●ヒーリング、スピリチュアルタロット鑑定ご依頼はこちら↓●

*直接電話鑑定(1分¥150)
↓のメールフォームから、ご予約ください。

*スカイプにて無料通話鑑定
(チャットも可、1分¥150)は
スカイプName「由良/:・゚¨」(茨城)にて。

*タロットレッスンもOK.

*対面鑑定
つくばみらい市にて、対面鑑定、ヒーリング、レイキ・アチューンメント、カルナレイキ・アチューンメント行っております。
お近くにお越しの方はぜひどうぞ♪

・対面鑑定(40分¥5000、60分¥8000)
・ヒーリング(40分\3000、60分\6000)

・臼井レイキ、カルナ・レイキ伝授(\13500~)
・その他エネルギーワークの直接伝授(\5000~)

*メール鑑定
下記に設置のメール送信フォームより、
お名前(HN可)、メールアドレス、
ご連絡先、ご相談内容を書いて送信してください。

1件(恋愛なら恋愛のみ)¥3000、
2件(恋愛+お仕事)¥5000
(結果のメールは1000~2000文字程度)



その他、以下でも待機中は鑑定可能です♪
*占いタウン『由良』

*ライブチャット占い・メール占い 
”ヴェローナ”『由良』

由良にメール♪

由良にメールを送るならここから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

送信ありがとう(*^-^)/・:*:

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索